ホーム > 海外グローバル研修

グローバルな視野を持つ人材育成の必要性

海外グローバル研修

日本企業が国際競争に生き残るための手段としてグローバル人材育成に強く関心を持つようになりました。それではなぜグローバル人材に強く関心を持つようになったのか? それは人口減にともなう国内市場の減少、海外市場の売上高の増加、振興諸国の高成長に狙いを定めた世界各国との競争が激化したこと、さらに競争相手が欧米だけでなく韓国、中国などのアジア諸国とも戦わなければならなくなったことがあげられる。しかも海外に向けてのグローバル化に後れを取っている。この競争に打ち勝つには、やはりグローバルな視野を持ち、ビジネスを遂行できる有能な人材を育成する必要があります。これは輸出、内需問わず、また大手企業だけでなく中小企業を含めた日本企業全体が意識しないといけない時代になったのではないかと思います。

海外グローバル人材育成プログラムのご提案

グローバル人材育成には、国内研修ではなく海外研修がなぜ必要なのか?それは国内では体験、体得できないことがあるからです。グローバルな人材とは語学ができるだけでは不十分で日常生活、社会問題、趣味趣向といった広い話題を含めた会話力、海外で出会った異国の人とのコミュニケーション能力、国内では得られない深い学び、気づき、刺激を含めた異文化対応力を持っている人材のことです。こういった力を身につけるには海外での体験が必要不可欠となります。

海外グローバル人材育成プログラムの目的

海外での異文化交流を通じて、語学の習得だけでなくグローバルな発想と柔軟な動きができる社員の育成を目指す。国内意識の脱却、グローバルマインドを養う、異なる人たちとのコミュニケーション、異国の生活からの気づき、世界水準の交渉力を養うこと。

トピックス・ニュース一覧はこちら

ツアーについて

グローバル人材育成プログラム

お客様の希望に沿ったプログラムをご提案いたします

▼グローバル人材育成モデルプラン
ステップ1 渡航前社内語学研修(派遣英語レッスン・スカイプレッスン)
ステップ2 渡航前英語力判断テスト受験(TOEIC)
ステップ3 渡航前グローバル育成習得セミナー
ステップ4 短期・長期海外語学研修(1週間~1年)
ステップ5 現地インターンシップ研修(4週間~12週間)
ステップ6 現地企業視察(自社工場・営業所、同異業種企業・工場訪問)
ステップ7 現地宿題レポート、現地視察・調査
ステップ8 帰国後英語力判断テスト受験(TOEIC)
ステップ9 総括レポート提出(生活・文化・交流・思考・経済)
ステップ10 新規事業設立、海外進出、新商品開発、新規提携、人材教育

▼語学プログラムモデルコース
プログラム内容 レベル
一般英語研修(1週間~1年) 初級~上級
ビジネス英語研修・資格対策(一般英語との組み合わせ) 中級~上級
ビジネススクール(一般英語との組み合わせ) 中級~上級
英語研修+インターンシップ 中級~上級
英語研修+大学聴講 中級~上級
英語研修+専門分野 中級~上級

▼対象者別モデルプログラム
◆入社前内定者プログラム(入社前に行う希望者対象のプログラム)
短期語学研修にてTOEICレベルアップ、異文化体験により グローバルマインドや異国対応力を養う目的に行うプログラム
◆新入社員・若手社員プログラム(入社後に行う若手社員を対象にしたプログラム)
短期~長期語学研修にてTOEICレベルアップ、インターンシップにてプレゼン力・交渉力を習得する、 中級ビジネススキルを養う目的に行うプログラム
◆中堅・管理職社員プログラム
短期~長期語学研修にてTOEIC レベルアップ、専門分野のスキルアップ、インターンシップにて 高度なビジネススキルの習得、ビジネススクールにてマネジメント能力を養う、新規事業、海外進出の準備、視察を目的に行うプログラム

海外グローバル人材育成研修の

お問い合わせはこちら